ホーム製品紹介 ≫ 出資会員管理システム

出資者(会員)情報を的確に管理することで、印章管理や不達郵便物の管理を実現し、業務効率化をサポート

こんなことでお困りではありませんか?

不達郵便の処理に時間とコストがかかっている

郵便物に印刷されたバーコードを読み取ることで、不達情報を簡単にシステムに登録することができます。バーコードを利用することで、手間のかかる事務処理が効率化され、さらに不達郵便物自体が減少し、コスト削減に繋がります。

 

本部への問い合わせによるタイムロスが発生している

電子化することで、情報が整理整頓され、誰もが活用しやすい状態となります。本部への問合せをすることなく、誰でも必要な情報を必要な時に素早く検索することができ、顧客からの急な問い合わせにも迅速に対応することができます。

 

出資会員の取引履歴などをすぐに確認することができない

RIMS出資会員管理システムは、最新の情報から過去の取引履歴や基本情報など、簡単な操作で、いつでも・誰でもタイムリーに情報を得ることができます。

 

紙書類の劣化により記入内容が閲覧不能になる

書庫に管理・保管されている出資会員の伝票や書類をイメージデータ化(画像保存)し、紙ベースで起こりうる書類の劣化や紛失、棄損を防ぎます。

 

承認から決裁までに時間がかかる

出資に関わる新規加入や出資証券の分割・併合・脱退などの承認決裁手続きを電子フロー化することで、拠点間の時間差などがなくなり、決裁までの時間が短縮されます。また、電子化することで進捗状況の把握が可能となり、緊急対応も可能となります。

 

セキュリティ面に不安がある

システムへのアクセスは、権限に応じて設定が可能です。(IDパスワードで認証)権限に応じて登録、修正、削除、参照などの機能を制御することができますので、データ改ざんや削除等を防止することができます。 また、ログイン、ログオフ履歴や操作履歴がログとして自動的に保存されます。

上記製品のご相談はこちらからどうぞ