ホーム製品紹介経費管理システム ≫ 機能・特徴

経費管理、支払管理、予算管理の分野において、内部統制に対応し、営業店経費の透明性確保をサポート

営業店PCから支払依頼入力。支払業務は本部集中管理!
  • 営業店支払業務は支払依頼データを入力後、証憑添付の依頼書を本部へ送付するだけとなっています
  • 本部での突合作業もバーコードを利用することで、業務過多を防ぎ、スムーズな運用を実現します
  • 属人的な費目・消費税が統一され、従来の手書伝票処理から解放されるので、記載ミスが削減されます
  • 定期支払登録機能により、月次で毎回発生する支払依頼もスムーズに行えます
  • 流用予算超過申請機能に加え、仮払・立替払にも対応
  • 本部一括支払や営業店配賦機能も標準完備
内部統制・不祥事未然防止のための仕組みを提供!

手書業務では業務の手順や流れを正確に把握することは不可能です。システム化のメリットの一つとして、手続きを統一すること、また業務の流れを誰が行っても同じにすることが挙げられます。依頼者・承認者・支払確定者を完全に分離し、内部統制に対応するとともに、不祥事の抑制効果が期待できます。

予算管理の徹底、そして予算統制へ
  • お客様自身で管理科目体系を設定して、日々の予算執行状況(経費支払状況)を把握することができます
  • 支店・営業店別、科目・費目別、更に費目内訳別に実績データの収集が可能です
  • 営業店を他店と科目別に比較したり、前年同期と対比したりと、見えなかった経費が浮き彫りになります
  • 決算期に合わせた経費予算と経費支払状況が把握できます。通期・半期・四半期・月次での管理が可能です
WEBシステム ~セキュリティ対策~

RIMS 経費管理システムはクライアントサーバ型システムとWEBシステムの複合システム。本部システムはスピード重視のクラサバ型システム。支店・営業店からはメンテナンス性能の高いWEBシステムを採用しています。データは本部サーバで一括管理しているので、セキュリティ面も安心です。

フレキシブルな支払データ連携

実績データが出力可能な RIMS 経費管理システムでは、他業務への再利用も簡単にできます。

  • お客様自身で管理科目体系を設定して、日々の予算執行状況(経費支払状況)を把握することができます
  • 支店・営業店別、科目・費目別、更に費目内訳別に実績データの収集が可能です
  • 営業店を他店と科目別に比較したり、前年同期と対比したりと、見えなかった経費が浮き彫りになります
  • 決算期に合わせた経費予算と経費支払状況が把握できます。通期・半期・四半期・月次での管理が可能です
予算策定支援 ~オプション機能~

予算策定の為の作成機能を提供します。

  • 管理したい科目をお客様自身で設定することが可能。例えばその他費用の内訳をお客様の管理したい体系で、予算枠、実績を取る科目・費目を設定できます
  • 本部指定予算も設定可能です。本部指示で支店別営業店別に予算指示を行うことも可能です
  • 前年比予算指定も%指定で可能になります
  • その他予算作成の為の機能を装備予定
※現在、開発中です

上記製品のご相談はこちらからどうぞ