ホーム製品紹介 ≫ メール便管理システム

バーコードで楽々読み取りメール便の所在や処理状況を随時確認。紛失や漏洩のリスク回避を実現

メール便が「いま」「どこにあるのか」をリアルタイムで確認し、誤配送をなくす

「RIMSメール便管理システム」は金庫内のメール便を管理するシステムです。

バーコード付の文書送付票を印刷して現物と一緒に送付します。発送、受領はバーコードを読取るだけの簡単操作で行えます。これにより、送付した文書の居場所がいつでもリアルタイムで把握することができるようになります。また、誤配送防止機能で文書センターでの誤配送を極力なくすことができます。

システム概要図
  • 送付票(バーコード)を利用して正確で効率的なメール便業務が行えます
  • 送付票作成は、登録された宛先、書類を選択するだけで作成できます
  • 全社一斉発送の場合など1回の送付票作成で送付することができます
  • 文書センターでは店別に発送スキャンを行うことで送付先が間違っている場合、警告音画面点滅で誤りを知らせてくれます

2017年11月17日(金)に金融機関向けにトップも目の届かない効率化課題セミナーを東京国際フォーラムで実施します。詳細はこちらからご覧ください。

 

株式会社 沖縄銀行様より「社内メール便管理システム」の事例紹介についてご講演をしていただきます。


RIMS-NEWS 2017年6月号 

社内文書の紛失はリスクです!

 

RIMS-NEWSは、金融機関管理部門の業務改善情報をお届けしております。

こちらからご覧ください


上記製品のご相談はこちらからどうぞ